2012年12月17日月曜日

儚き雪ん子(御礼 延べ10万名アクセス)



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。


今年は各地でこの時期としては珍しい積雪になったようで、十数年に一度という強い寒波で冬が始まったみたいですね。いよいよ雪女のシーズン到来です。

シーズン最初はシャーベットまつりです。ところが、今年のシャーベットには、惜しいことにちょっと出遅れてしまいました。実は出遅れないようにこの一週間前にも来たのです。でもその後のほんの数日で、最盛期が過ぎてしまったようです。理想的なシャーベットのための気象条件がそろうのは一年の内のほんの一日か二日なのです。

出遅れたとは言っても、画像を見ていただければわかるように、夢のように素晴らしい情景です。この日は猛吹雪だったんですが、滝壷のところは嘘のように穏やか。小雪がちらちら舞い落ちて、幻想的な世界になっていました。

わたしの場合、ただただ寒いのや冷たいのが好き、冷たければどこでもいいというわけではないんです。ここの場合、名峰からの純粋な清流、そしてそれが凍り付いたブルーの美しさ、そしてそれに加えて氷瀑のちょっと怖いくらいの荒々しさが心を虜にするのです。

でも雪女も歳もとるし、年々忙しくなる一方だし、いつまでできるやら。。。シャーベットと同じで、一生のうちのほんの束の間です。いつか、この思い出の地を訪れるとき、氷雪の上に、跳ね回る雪ん子ゆかりの姿の幻を見るときがくるのでしょう。

---------------------------------------------
2012年12月20日に、延べ10万名目の方のアクセスをいただき、御礼申し上げます。このひとつの節目を、今後ブログを続けていく上での励みにしたいと思っております。今後とも名取ゆかりのブログの相変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------

Vision of snow fairy

In Japan, this winter season has started with much snowing which is once a decade. My season has come.

At the beginning of the season, let me introduce you the "Yukari's sorbet". It is not easy thing to meet the best "sorbet". I visited here a week before of these pictures, however, the best day has gone just after a couple of days. It is only a few days within a year that the weather conditions are satisfied for the most beautiful sorbet.

Although it was breezing this day, as you can see in the pictures, with a light snow falling, a calm and fantastic scene was created around the basin of the water fall.

For me, it is not in my case that only cold or anywhere is OK if it is cold. This place attracts me with pure stream of water from a famous mountain, ice blue and the slight fear from the crudeness of the ice cascade.

It is only in a moment like the sorbet that I can enjoy the "snow fairy" in my life. The day will come someday at which I will visit here again and see a vision of snow fairy Yukari is playing on the snow and ice.

4 件のコメント:

SOTONO さんのコメント...

はじめまして。東北のヌーディスト、SOTONOです。
待ちに待った楽しい季節になりましたね。

私は決して寒いのが好きではありませんが、でも目の前に水があるとつい入りたくなります。
最近の海水温は13度でまだ快適に泳げる範囲ですが、最低水温5度になると入っているだけで限界、とても泳げません。でも凍った川は不思議に冷たく感じないものですね。きっと身体が冷えて順応していると思いますが、滝など早く凍ってくれないかと心待ちにしています。

ゆかりさんとはスポット的に接点があるようなので、いつかご一緒したいものです。よろしかったら一緒に撮り合いませんか。

前冬はお出かけになる機会も少なくて残念でしたが、今冬は期待しています。お互いこの冬を楽しみましょう(^o^)

名取ゆかり さんのコメント...

SOTONOさま

はじめまして。コメントありがとうございます。恥ずかしながら、撮影のあと風邪をひいてしまって、お返事おそくなってしまいました。ごめんなさい。

SOTONOさんのアウトドアライフのご様子はホームページでときどき拝見いたしております。昨年は大変でしたね。HPで読みました。部外者でもしかしたら見当違いかもしれませんが、SOTONOさんのアウトドアライフで培ったノウハウは、かえってそういうときこそ力を発揮するような気もします。アウトドアライフ用に重装備したおクルマの写真は、いつも非常に興味深く拝見しています。

寒いのは好きでないとおっしゃるわりには、ときどき背景が凍った滝だったりしてますよね。水の体感温度ですが、わたしの経験も同じで、水温が同じでも気温によって、冷たさの感じ方は異なるみたいです。気温がぐっと低いとむしろ水に入るのは楽な感じがします。逆に気温がなまじっか高めだと、キツいみたいです。気温によって飽和水蒸気量も変わるので、体感も影響されているんじゃないかと思います。

撮影はひとりではなかなかたいへんです。特に寒い冬は至難の業で、撮影自体が邪魔にすらなります。でも協力できると、圧倒的に行動の自由度が高まり、より楽しくなりますね。ブログにも書きましたが、どこか美しいところがあればいっしょに行ってみたいです。

今シーズンは寒波が次から次へと来て、順調な滑り出しのようなので、楽しみですね。

むむ さんのコメント...

先ずは10万人アクセス、おめでとうございま〜すv(^o^)v
ゆかりさんのファンの数は、すごいですね。

さて、冬恒例となった氷瀑修行?ですが、青く凍った様は近寄り難い神のようで畏敬を感じます。それに臆すること無く近づけるゆかりさんは女神のようです。今回、後ろ姿が多かったので、ゆかりさんのお尻を思う存分堪能出来ました(^^;)その可愛らしい丸いヒップが、氷瀑の荒々しさを和らげてくれます。
BGMもゆかりさんに合わせたかのように、軽快でおしゃれでしたね。

ところで、この一週間ほどパソコンが不調で本日夕方やっと復旧しました。テレビは無くても痛くも痒くもないのですが、パソコンが無いとゆかりさんには会えません。実にやきもきした一週間でした。

もうすぐ、クリスマス→お正月ですが、この冬休みにまた冬の旅に出られるのでしょうか?それも心待ちにしております(^^)

名取ゆかり さんのコメント...

むむさん

ありがとうございます。カウントの仕方は、一日の中で同じ方が何回アクセスしても1名とカウントしています。約3年たちましたので、大雑把、100名/日ですね。そしてアクセスが毎日ほぼコンスタントなんです。きっと同じ方々が毎日チェックしてくださっているんじゃないかと思っています。ありがたいことです。

今回のBGM、なかなか画像と合っているでしょ。BGM、透明感があっておっしゃるとおりお洒落ですよね。こうしてできあがった画像を見ていると、BGMの力でどことなくメルヘンチックな世界に仕上がってますが、現実は生半可ではありません。

パソコンがダウンしてたんですか。アップしてからむむさんの書き込みを待っていたのですが、おかしいなぁと思っていました。年末なので、きっとお忙しいのだろうと思ってました。ちなみにこのブログと画像は、パソコンがなくてもスマートフォンでも見ることができるようにしましたので、お持ちでしたらお試しください。