2010年9月18日土曜日

ふれあいビーチ



Flashplayerをインストールしてください。


やってしまいました。ゆかりの愛車が砂にはまってしまったのです。
お友達がクルマから出てボンネットを押してくれましたが、びくともしません。
すると、近くにいたご主人が手をかしてくれました。
それでも動きません。それどころか、車体はどんどんはまっていくみたいです。

すると今度はビーチにいた、2家族のサーファーママたち。子供たちといっしょに助けにきてくれました。
みんなで砂まみれになってタイヤのところの砂を掘り出して、ゴザを入れてくれたのです。
こどもたちもいっしょになって砂をかいてくれてます。
「チビたちは、危ないからどいてるんだよ」とサーファーママ。

みんなでボンネットを押してみます。
さぁ、今度はどうだ。エンジンをふかしてみますが、やっぱり動きません。

お友達が、「JAF呼ぼうよ」と囁きます。
うーーん、これは呼ばないとだめかもな、と私も思いました。
すると向こう側にいたサーファーママ。「すいません〜。ちょっと手をかしてくださーーい」
と、ビーチで近くでバーベキューをしていた別のパーティーに声をかけてくれたのです。
男性も集まって大勢になりました。みんなで押してくれました。
エンジンをふかすと、今度は動きました。

助けを呼んだわけではないのですが、みんなが集まってきて、助けてくれました。
ひとの心のあたたかさ、もう、感謝、感謝です。
これが海のよさなのでしょう。
各パーティーには心ばかりのお礼をしました。
すばらしい思い出が、またひとつ、このゆかりのビーチでできました。

8 件のコメント:

むむっ! さんのコメント...

赤のビキニが鮮烈ですが、ローラースケートの姿もばっちり決まってカッコいいですね。惚れ惚れします。
海では飛んだ災難にも、付近の方が助けて下さり、人の親切に涙がほろりすることが有ります。
でも、奥多摩に行った際、ぐたっ!と道端に座り込んだ年配の御婦人から「もう歩けません。助けて下さい」と懇願されたことが有ります。下山される方で麓まで30分足らず、バスの時刻まで3時間以上ありましたので、とにかく体力が回復するまで1時間以上ここで休んでも大丈夫!と言うと、同行仲間が自分を無視して行きも帰りもどんどん先に進まれることを「冷たい」と嘆いておられました。信頼してた仲間からこんな扱いを受けるとちょっとした人間不信になりますね。少なくともリーダー格は、この御婦人の面倒を見るべきと考えます。

匿名 さんのコメント...

赤色のビキニでのスタイルがとても印象てきです、
ローラースケートも心引き付けれます
ゆかり さんと声をかけたいです。

かよこ さんのコメント...

生き生きとしていて素敵なゆかりさんのスタイルに
赤いビキニはバッチリとマッチしてます
ロラースケートの姿も今までにない新鮮さを
感じて心ひきつけられます。

名取ゆかり さんのコメント...

むむっ!さん
山とか海とかでは、行動は基本的には自己責任です。山歩きでは特に、みんな疲労していて、自分のことだけで精一杯で、他人の面倒をみる余力もないから、そういう事態も起こってしまうのでしょうね。一方で、今回のように、難局が生じてしまったときに、みんなで力を合わせてそれをのりきると、思わぬ新たな感動が生まれてくるかもしれません。わたしも毎年、山歩きの会に参加しているのですが、リーダーならずとも、むむっ!さんがおっしゃってくださったことは肝に銘じておきたいと思います。

名取ゆかり さんのコメント...

匿名さん
どうもありがとう。
匿名さんのお声が聴こえてきそうです。

何十枚かに一枚、自分でも、へーーって思えるショットが出てくるから不思議です。ちょっとの角度の違いだけなんですけど、とてもスタイルがよく見えちゃったりするのです。

名取ゆかり さんのコメント...

かよこさん
ありがとう。毎回、かよこさんが寄せてくださるご感想は大きな励みになっています。
ローラーガール、気にいってくださったみたいで嬉しいです。これは今後、発展させていきたいと思っていますので、乞う、ご期待です。

K さんのコメント...

「ローラーガール」いい響きですね♪
ゆかりさんはいつもエネルギシュで新しいものに果敢に挑戦する そんな心意気も魅力の一つになっていつもキラキラ輝いているゆかりさん!素敵ですよ
ローラーガールをきっかけに新境地が開けたらいいですね 楽しみにしています  きよか

名取ゆかり さんのコメント...

きよかさん

ありがとう。いただいたコメント、何度も繰り返し読みました。読めば読むほどに元気が出る、するめのような文章です。いつもあたたかく見守ってくれているきよかさん。きよかさんが見ていてくださってるんだなぁと思うと、やる気が出ます。

そうなんです。ローラースケートは、いろんなきっかけを与えてくれそうな気がするんです。わたしの想像力というか創造力というか、そういうものをかきたてる何かがあります。でも、その前に練習ですね。