2013年12月12日木曜日

『ゆかり出没注意』!?



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。


わたしがよく出かけるいくつかの山や高原では大手さんやチェーン店の店舗が一切ないのです。宿泊施設も地元の旅館だけで、大型のホテルはありません。スーパーのような大型商業施設ももちろんありません。ファーストフード店もありません。コンビニもないのです。

麓は温泉もスキー場もあるしある程度開けた町です。でも、大手さん側の立場から考えると、僻地なので採算があわないということかが一番大きな理由だと思います。あるいは大手さんが地元を慮ってのこととも考えられます。一方、地元の方の立場から考えると、大手さんには入ってきてほしくないのかもしれません。あるいは逆に入ってきてくれば便利になって集客力が増すのだろうけれど、今言ったような理由で入ってきてくれないのかもしれません。そのあたりは想像でしかありません。

利用者側からすると、もちろん不便です。でも結果的にはそれでいいと思うのです。食事は地元のお店なもので、地元の食材がふんだんに使われ、とても味わい深いものがあります。そばやとうもろこし、ヨーグルト、お漬け物などとてもおいしいです。あるいは、山や高原で籠るつもりならば、はるか手前の町で買い物は済ませておく必要があります。

少し本題からは逸れますが、食に関して言えば、私の経験からは、地方の方が都会よりもはるかにいいです。ホテルや旅館に宿泊するだけで帰ってしまうとわからないのでしょうが、少し長く滞在するとそのことが肌身に感じてわかります。野菜でも魚でも新鮮で量が多くしかも安い。地方の方にとっては当たり前のことなので、その有り難さがわからないのは当然のことと思います。また、逆に都会にしかいない方にとってはその違いはまったくわからないと思いますが、わたしのようによく出かけるとその思いは日に日に強くなっていきます。住環境もそうですが、食と住は地方の方が絶対にいいと思います。ただ、上京して来られる方がそうおっしゃっるのはあまり聞きませんが。。

本題に戻ります。山に行くのはほんの数日間の短い間ですが、気分がまったく変わります。そもそも山に入るということは冒険で、それなりに気持ちを引き締めてかからなければなりません。山は厳かです。非日常的な空間です。手つかずの美があります。

さて、シーズンが始まりました。待ちに待った季節の到来で、うれしさいっぱいの気持ちを画像からもきっと感じ取っていただけることと思います。ちょっとはしゃぎすぎちゃったかな。はじめからこんな調子だとあとが続かなくなっちゃいますね。

今シーズンは、雪の便りが早く、今のところ冬らしい日が続いています。この調子で順調に寒くなって、今シーズンもまた美しい冬の景色が見られればいいなと思っています。でもこの時期は、年度末にむけて仕事の〆切がせまってきて忙しくなり、頭の中はそのことでいっぱいになり、なかなか思うようにいかないところが頭の痛いところなんですけどね。。。

メリークリスマス。そして一足お先にHappy New Year。皆様におかれましてはご多幸な新年でありますように。