2016年10月2日日曜日

名取ゆかりの作り方



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。


10月に入りました。関東甲信地方は今年の夏はお盆休み以降、本当に不順な天気で、曇りや雨ばっかりでほとんど日差しのない日が続いています。なのでテンションが上がらず、全くお出かけしていません。

ところで、ゆかりが誕生してから、既に10年が過ぎ、10周年記念を企画していたのですが、ついつい実行するのを忘れてしまい、気が付いたらいつの間にか13年目に入っていました。なので、干支がひとまわりしたということで、改めてこの機会に12周年記念を企画することにしました。そういうわけで今回は大昔の、ゆかり創生期の画像をお目にかけたいと思います。しかも滅多にない一挙に100枚超えの大放出。秋の夜長を、「名取ゆかりの作り方」をご覧になって不思議の世界を楽しんでください。

ゆかりのブログは2007年の後半からなので、それ以前の3年分の未公開画像があります。今回はその間の前半部からピックアップしてご覧に入れます。なので新しく撮った最近の素材はないのですが、数枚を除いては初公開ものばかりなので、逆に新鮮に感じられるかもしれません。この時期は、のちにたくさん出てくるビキニも冬場の滝もまだやっていません。一生懸命にゆかりを作り込んで、友達とお出かけするようになった頃です。

12年前を思い返すと、ずいぶんと昔のことだなとも思えると同時に、まだついこのあいだのことのようにも思えもします。よく続いたものだとも言えるし、まだやってるのかとも言えます。いずれにせよ12年というと自分の人生の数分の一になり、人生の中で結構な比重を占めています。決して無視できない歳月です。

ちなみに今回ご紹介する3年間、世の中どういうことがあったかというのを流行語で見ると
2004年 冬ソナ、気合だー!、負け犬
2005年 想定内(外)、クールビズ、小泉劇場、萌え~
2006年 イナバウアー、エロカッコイイ、格差社会、メタボ
こう見ると、今でも使われているのが結構ありますね。子供の頃とは違って大人になると10年なんかあっという間ですが、12年前といえば一応、オリンピックが3つ前ですからね。。。

フォトギャラリーに出てくる2〜4枚目の画像は、すね毛もボーボーでお見せするのが恥ずかしいのですが、これが名取ゆかりのまさにこの世に誕生した瞬間です。ちなみにこの画像を家族や友達に、「これ誰だかわかる?」と見せたのですが、全くわからないのです。「知ってる人?」と言うので、「よく知ってる人」と言ってもまだわかりません。私はお化粧すると身内でもわからなくなるぐらい変わるみたいです。自分でも、鏡に映った自分を初めて見た時の、「これが自分か!」という驚きは一生忘れません。

以来12年間、心の支えになってくれたのは、お友達、数々の出会い、そしていつもこのブログを見てくださっている皆様方です。感謝、感謝です。