2010年7月2日金曜日

元気です。



Flashplayerをインストールしてください。




ご無沙汰いたしておりました。
去年の秋以来、しばらく、忙しい日々が続きました。
気がついてみると、今年もちょうど半分が終わり、やっと一区切りついたところです。
しかし、これからは後半戦が始まるわけです。
この冬、遊べるかどうかは、この後半戦の前半戦にかかっています。

何人かの方からは、幾度か励ましのメールを頂戴しました。

「もう、ゆかりはやめてしまうんですか。」

「毎日、ブログ、チェックしてます。」

そういうありがたいお言葉をいただきました。
お気遣いと、期待をしていただき、ほんとうに感謝感謝です。
しかし、ゆかり、このとおり、元気にしております。
まだまだ、ゆかりでいろんな体験をしてみたいと思っています。

10 件のコメント:

むむっ! さんのコメント...

やっと、ゆかりさんに会えました。
なかなか、更新されず心配でしたが、決して遠くに行ってしまうことはないと信じておりました。
桜の次は、残雪の北海道か新緑の渓谷か?と想像巡らしてましたが、紫陽花満開の港でしたね。白い美脚が眩しいですが、肩や胸の部分が日焼けして赤くなっているのを見逃しはしません。どこか、日差しの強い海でビキニ姿で泳がれたのでしょうか?

かよこ さんのコメント...

ゆかりの元気な姿見て安心しました。
更新が無いので
やめられたのかな、とか?
素敵な姿をこれからも楽しみにしています。

こしの京香 さんのコメント...

皆さんも心配なさって居られたのですね。直接メールで何があったのかと聞こうかと思いましたが、何故か恐くて。。。もしやゴウラさんがご存知ではないと昨日メールをしたら京香と同じ状況に。。。もう待てなくてメールを書こうと思いましたが、念のため今一度とブログを開いたところです。。。何はともあれ嬉しいです。。。8月の終わり頃に恵ちゃんと東京に行きます。。。いろいろ聞きたいこと有りますので宜しくね。。。

名取ゆかり さんのコメント...

むむっ!さん
ブログ、アップできないでいるときも、いつもむむっ!さんのことは胸の中にありました。むむっ!さんにだまって遠くに行くことはないです。
残雪の北海道、新緑の渓谷、いい企画ですね。新緑の渓谷は一度ありましたね。あのとき撮っていただいたのはいい写真でした。
日焼けはこの日一日でできたんです。梅雨の晴れ間って、すごく日射が強いんですね。もう、夏まっさかりです。海に行きたいです。

名取ゆかり さんのコメント...

かよこさん

ありがとう。
ひさしぶりのミニスカートは楽しかったです。
考え方によっては、ちょっとお休みも、初々しい感覚が戻ってきてかえっていいかもしれません。
まだまだやりたいこともあるし。
まだまだいろんな体験もしてみたいし。

名取ゆかり さんのコメント...

京香さん

こんばんは。
ご心配おかけしてもうしわけありませんでした。忙しかったのと、たまたま撮影のチャンスがなかっただけです。京香さんに対して、やめちゃだめ、と言ったわたしがやめることはないので、大丈夫です。ただ、お友達にも、みなさんそれぞれいろいろな事情があって、なかなかいっしょにお出かけするのが難しくなってきました。でも、たまにでもこうやってお友達とお出かけすると、やっぱり楽しいものです。

8月の終わりに京香さんお会いできるなんてワクワクしています。恵ちゃんともお会いできるのも楽しみです。

ごうら さんのコメント...

これらの写真は、本当に素晴らしいです。一見、今までと変わらない画のようで、実は劇的に違って思える。不思議だ。服の選び方、ポーズ、すべてが、新たなるものであるなと、僕には感じるのです。無論、今までの作品は本当に素晴らしいものばかりですが、正直、僕は貴女に変化を求めていたのだと思う。ここでは嘘はつけない。きっと貴女に悟られてしまうからね。さすがです。参りました。

みなさん、ゆかりさんの事を心配されていたようで、友人からも、心配であるとの旨のメールもいただきましたが、俺はひどいやつだから、きっと忙しいのだろうと思っていました。
世の中爆発的に忙しいし、俺自身もそうだったから。

ブログに時の間ができたとしても、内容の濃い試合で、完璧なものを創ろうとする事は、アリだと思う。

俺は、5つ、学校に通っている。小中高大、そして、ここです。今まさに勉強中。学生にしか味わえない、青春というか、多感な時期を楽しんでいます。いろんな展開があって、最近、写真友達ができた。とんでもない者で、若い女性を撮る機会を与えられ、被写体にさせられ、映画もみせられた。貴女から学んだ、女性の本当の良さというものも、わかってきて、女装子という魔法を解かれてしまった。でも、また魔法はかけられた。

観た映画は、「ベニスに死す」。良識ある知識人が、少年愛に目覚めてしまうという衝撃的なもの。絵心といい、展開といい、本当に素晴らしい映画でしたが、ここに来なかったら、俺はあの映画は、まったく理解できなかっただろう。しかし、恋焦がれる乙女が、良識ある男性であったとしたら、それはもっと衝撃的な事で、でも、ここでは、それは普通の事。

すいません、俺はひどいやつです。本能のままにしか生きられないのです。ありがとう。

http://www.youtube.com/watch?v=i7yyNhaHgaM&feature=related

名取ゆかり さんのコメント...

ごうらさん

コメント、おそくなってしまい、どうもすみませんでした。

いつものように活きのいいコメント、どうもありがとうございます。ごうらさんのコメントはいつも獲りたてのピチピチ鮮魚のようです。

ゆかりが発信した微妙なゆらぎを確実にキャッチしてくださっているとは、さすがはごうらさん!感度ばっちりですね。

ごうらさんにもいろいろと前進する展開があったようで、なによりです。でもせっかく素敵な世界を掴んだのに、また舞い戻ってきてしまって。やっぱり毒が甘美になってしまったようですね。だから、はじめに言ったじゃないですか。毒っ気が強いから注意した方がいいよって。でもごうらさんはやさしいですよね。だってそれを「魔法」って詩的に表現していらっしゃるのですから。ごうらさんのレトリックこそ魔法のようです。

こうして久しぶりにごうらさんとお話しできて、とてもうれしいです。そして、ごうらさんの純なリアクション、いつもとっても楽しみにしています。

K さんのコメント...

プログを久びりに拝見しゆかりさんが
元気きなので安心しましたよ
またゆかりさんの浴衣姿みせてくださいね
きよか

名取ゆかり さんのコメント...

きよかさん

ご無沙汰してしまいました。
コメント、どうもありがとう。

浴衣のほおずき、よかったですか?
うれしいです。
あの回は予想外の出来でした。
あれを上回るのはなかなか難しいかも。。
でもまた挑戦してみたいですね。