2013年12月12日木曜日

『ゆかり出没注意』!?



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。


わたしがよく出かけるいくつかの山や高原では大手さんやチェーン店の店舗が一切ないのです。宿泊施設も地元の旅館だけで、大型のホテルはありません。スーパーのような大型商業施設ももちろんありません。ファーストフード店もありません。コンビニもないのです。

麓は温泉もスキー場もあるしある程度開けた町です。でも、大手さん側の立場から考えると、僻地なので採算があわないということかが一番大きな理由だと思います。あるいは大手さんが地元を慮ってのこととも考えられます。一方、地元の方の立場から考えると、大手さんには入ってきてほしくないのかもしれません。あるいは逆に入ってきてくれば便利になって集客力が増すのだろうけれど、今言ったような理由で入ってきてくれないのかもしれません。そのあたりは想像でしかありません。

利用者側からすると、もちろん不便です。でも結果的にはそれでいいと思うのです。食事は地元のお店なもので、地元の食材がふんだんに使われ、とても味わい深いものがあります。そばやとうもろこし、ヨーグルト、お漬け物などとてもおいしいです。あるいは、山や高原で籠るつもりならば、はるか手前の町で買い物は済ませておく必要があります。

少し本題からは逸れますが、食に関して言えば、私の経験からは、地方の方が都会よりもはるかにいいです。ホテルや旅館に宿泊するだけで帰ってしまうとわからないのでしょうが、少し長く滞在するとそのことが肌身に感じてわかります。野菜でも魚でも新鮮で量が多くしかも安い。地方の方にとっては当たり前のことなので、その有り難さがわからないのは当然のことと思います。また、逆に都会にしかいない方にとってはその違いはまったくわからないと思いますが、わたしのようによく出かけるとその思いは日に日に強くなっていきます。住環境もそうですが、食と住は地方の方が絶対にいいと思います。ただ、上京して来られる方がそうおっしゃっるのはあまり聞きませんが。。

本題に戻ります。山に行くのはほんの数日間の短い間ですが、気分がまったく変わります。そもそも山に入るということは冒険で、それなりに気持ちを引き締めてかからなければなりません。山は厳かです。非日常的な空間です。手つかずの美があります。

さて、シーズンが始まりました。待ちに待った季節の到来で、うれしさいっぱいの気持ちを画像からもきっと感じ取っていただけることと思います。ちょっとはしゃぎすぎちゃったかな。はじめからこんな調子だとあとが続かなくなっちゃいますね。

今シーズンは、雪の便りが早く、今のところ冬らしい日が続いています。この調子で順調に寒くなって、今シーズンもまた美しい冬の景色が見られればいいなと思っています。でもこの時期は、年度末にむけて仕事の〆切がせまってきて忙しくなり、頭の中はそのことでいっぱいになり、なかなか思うようにいかないところが頭の痛いところなんですけどね。。。

メリークリスマス。そして一足お先にHappy New Year。皆様におかれましてはご多幸な新年でありますように。

10 件のコメント:

むむ さんのコメント...

ここ数日、東京も実に冬らしく寒い日が続きますが、ゆかりさんにとってはワクワクの季節到来ですね。
ちょっとデジャブな雪景色の白樺林と畏怖なる滝・・・。
早くも滝の行となったようですね。もう山奥は人を拒む雪一色の様相となっています。対して、雪をも溶かすゆかりさんの快活ぶりが見事!雪晴れのゆかりさんも寒さを微塵も感じさせない脱ぎっぷり!見てて爽快な気分になります。最後の方の写真(79)に、股間に赤い毛玉を・・・とは意外なユーモアでますますゆかりさんが好きになりました(^o^)v

私もコンビニや大手の宿泊施設とかと無縁な人知れず自然豊かなところが好きです。地方へ出張に行ってもチェーン店は避けますね。ローカル色が良いです。

これから2ヶ月ほどは真冬!滝の行、続報を楽しみにしておりま〜す(^^)。

KM さんのコメント...

またゆかりさんから元気頂いたわ!ありがとう私も頑張ります。寒冷地に耐える準備とかしてるのかしら。
上質な脂肪(お食事にも気を使ってる感じ)と筋肉もきっちりついてるしお肌も綺麗だわ!私的には腰からライン素敵です。
真冬の滝壺を背にゆかりさんを見ているとルネサンスの影響を受けた時のルノワールを想いおこします。きよか

名取ゆかり さんのコメント...

むむさん

「脱ぎっぷり」、この言葉とってもとっても気に入っています。なのでむむさんのコメント、何度も何度も読み返しちゃってます。うれしいプレゼントです。この一言で今回のがんばりが報われた思いです。

赤いポンポン、可愛いでしょ。ゆかり愛用の数少ない小道具のひとつです。小道具って、アイデア次第でいろんな表現やいたずらができて楽しいですね。雪の中を歩いていて、ハッと思いついて、これはわたし的には「目からうろこ」的発想でした。こういうのも楽しみのひとつなんです。

わたしが冬の活動を始めてから数年、暖冬ぎみな感じが続いていましたが、今シーズンはいまのところ天候的にはよいすべりだしで、今後も、といってもたった2ヶ月あまりですが、この調子でいってほしいなと期待しているところです。あとは、体調とスケジュール調整ですね。続報を楽しみにしていてください。

名取ゆかり さんのコメント...

きよかさん

お久しぶりです。ゆかりの絵で元気つきましたか。何よりです。

ルノワールですか。まさに『上質な脂肪』って感じですね。冗談はさておき、ルノワールはわたしは好きなので、畏れ多いというか光栄です。

「上質な脂肪」^^; わたし的にはやせ型よりもぽっちゃり型、ちょい太めが好みなんです(滝壷では絵づら的には痩せてた方がいっそう寒そうですけどね)。肌もよく見てくださってて嬉しいです。いずれも、食べ物に嫌いなものがないせいかなと思うんです。何でもありがたくいただけるというがゆかりのとりえなんです。人間のからだっってやっぱり食べ物からできてますからね。

寒冷地に耐える準備ですか。してますよ。シーズン中は毎朝、ま水のシャワー浴びてます。そのとき、現実の滝壺をイメージしてお風呂場の電気をつけないで薄暗いままやるんです。すると、いっそう冷たく感じるんです。これ、結構キツいんです。それだけでも随分とちがうだろうとは思っているのですが、でもやっぱり本番はそれ以上にキツいですね。

匿名 さんのコメント...

氷の季節になったので 久しぶりに訪問させていただきました。
やっちゃいましたね。氷の滝壺。
「氷のマドンナ」は健在ですね。
引き続きの写真を楽しみにしていますね。
    by咲子

名取ゆかり さんのコメント...

咲子さん

久しぶりに訪ねていただき、どうもありがとう。
「氷のマドンナ」、アイスブルーの透き通った感じがして、ブログの表題にしてみたくなります。でも自分で書いちゃうと、見てる方からお叱りうけちゃうものね。だからこういうふうに言っていただけるととても嬉しいです。写真、咲子さんのご期待に添えるようにがんばりたいと思います。わたしのフォトギャラリーにはBGMも入っているので、写真を見る時、いっしょに再生していただくと、情景がより楽しめると思いますので、やってみてくださいね。

匿名 さんのコメント...

ゆかりさんのTバック姿大好きです。素敵です。じっくり拝見させて頂きます。

名取ゆかり さんのコメント...

匿名さん

ありがとうございます。どのゆかりがよかったかなど、ご感想、リクエストなどいただけると嬉しいです。

匿名 さんのコメント...

特に後姿がSexyで大好きです。12枚目、46枚目、69枚目、71枚目の写真は見ていて色々いけない妄想をしちゃいます。

名取ゆかり さんのコメント...

匿名さん

小説ならば、行間ですね。動画にない写真の楽しいところは、まさに「行間」を、あれこれ想像できるところですね。匿名さんの想像力をかきたてるきっかけになれて、うれしいです。