2013年11月12日火曜日

季節の終わり



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。


一年は早いものですね。ゆかりの家ではクリスマスツリーに灯を入れました。タイマーで、夕方暗くなる頃から夜中まで点灯させています。仕事から帰ってきたとき、玄関先で美しいイルミネーションが出迎えてくれます。そして今日は木枯らしが吹きました。雪国や山では雪が降ったようです。秋もそろそろ終わりに近づきました。

季節の終わりというのは哀愁が漂い、物寂しいというか物悲しいものです。春の終わりというと、桜が散る頃が春の終わりでしょうか。そうすると、昔の和歌なんかでは、「はらはらと涙する」、みたいな句がありそうです。和歌を引き合いに出すまでもなく、花びらが舞い落ちる様にはやはり物悲しさを感じますね。夏の終わりはというと、お盆でしょうか。夏祭り、特に、昼間に盛大な御神輿が練り歩いた日なんかの夜の街は、ものすごく物悲しいものです。また、送り盆の前日の晩の花火大会。一年に一度おうちに帰ってこられているご先祖様といっしょに家族で最後の宵を楽しむという設定もなんだか物悲しいなぁと思うのです。コオロギや鈴虫の声も寂しいです。初秋は砂浜も物悲しいものです。そして晩秋はというとこれはもう言うまでもないですね。さて、冬の終わりといえばやはり春一番でしょう。2月下旬から3月初旬です。普通の方なら、逆に明るい春がやっと来るということでわくわくの時期でしょう。雪国の方にとっては、やれやれやっと終わったかという感じですよね。冬は悪者ですね。でも、私にとっては楽しかった冬の終わりということで3月は物悲しいのです。3月初旬ではまだまだ雪はあるのですが、春の雪は明るい春の陽射しとうらはらになぜか物悲しいのです。そして咲き誇る菜の花や桜がむしろ恨めしくもあるんです。でも一般に冬の終わりは誰も悲しみません。冬だけは特殊ですね。

今回は、夏から秋にかけてのゆかりのスナップショットを綴ってみました。このシーズン中はほとんど毎週のように里山に出かけました。前回のアップから少し間があいてしまいましたが、決してさぼっていたわけではなく、今回のブログはその分、いつもの倍以上のボリュームになっています。今回のギャラリーは5つの断片から構成されています。ビートルズの作品に例えるならば、「ホワイトアルバム」みたいな感じで、寄せ集め感がしなくもないですが、中にはなかなか味のあるショットもあると思いますので、どうか少し辛抱強くおつきあいください。

2 件のコメント:

むむ さんのコメント...

都心も秋が深まる今日この頃ですが、ゆかりさんは既に信州?かどこかの山間部で秋を楽しんでおられたようですね(^^)。錦秋の山の中、ゆかりさんの青いワンピ姿は本当にバッチリ!です。特に夕陽が紅葉を黄金に染めたシーンは夢の世界のよう・・・。
私はちょっと忙しくて休日がノンビリ出来ないこともあって奥多摩にまだ行ってないのです(;;)

時間が逆転して夏の思い出となりましたが、わさび園のショートのホットパンツも色気と健康的両方兼ね備えて良いですね。生のわさびは賞味出来ましたか?(^^)

秋の始まりを予感させるコスモス畑のゆかりさんも実に健康的!見ていてすがすがしい思いです(^^)

美術館でドレスアップされたゆかりさんは、上流階級のお嬢様風ですね。音楽を静かに聞いて落ち着いたひと時を堪能されて居る様子が目に浮かびます(^^)

赤蕎麦は超お気に入りですか?打ち立てはどんな香りがするのか興味津々ですね。私は最近どうもラーメンが苦手になってしまい、もっぱらうどん・そば、・・・時折パスタといったところです。それで赤蕎麦もぜひとも賞味してみたいです。(^^)

こうして100枚以上に及ぶゆかりさんの写真を見ていると、多忙で知らぬうちに通り過ぎた今年の夏〜秋を十分堪能することが出来ました(^^)

間もなく、ゆかりさんの季節・冬ですが、今冬はどんな活躍をされるのか、今から心待ちにしております(^^)

名取ゆかり さんのコメント...

むむさん

100枚も並べてしまい、見るだけでも大変なのに、丁寧なご感想ありがとうございます。ここ数年は夏から秋にかけてはほとんど毎週末、山里で遊んでいますが、風景も食べ物も空気もよくて、本当に楽しいです。そういう思い出を残しておきたいと思いました。

中でも紅葉のシーンは特に印象に残るものでしたので、季節の順はひっくり返りますが、トップにもってきました。夕陽が紅葉を黄金に染めたシーン、気に入っていただけてうれしいです。今回、撮影していて、紅葉は、光が透けたり、夕陽に輝いたりと光との饗宴が美しいということが、よくわかりました。

赤蕎麦の香りですか。むむさん、繊細ですね。そこまでは気づきませんでした。柔らかめで、滑らかな舌触りです。赤蕎麦は、お蕎麦自体もいいですが、蕎麦の花の美しさと、南アルプスを望めるこの地の雰囲気を味わいながら、食べられることが楽しいです。むむさんも、現地でご賞味されると、なお一層感慨深いものがあっていいと思いますよ。

この夏はホットパンツにはまりました。写真は撮ってないんですが、かなり刺激的なホットパンツ姿であちこち行って楽しみました。ホットパンツは夏は最高です。ミニスカートは真冬もいいですけどね。

さて冬ですが、シーズン到来がかなり早いみたいですね。今シーズンの撮影では、新しい発見や、アングルが見つけられたらなぁと思っています。でも、なんといっても冬場の撮影は厳しいですからね。。。わくわく、ドキドキです。