2019年9月23日月曜日

令和最初の楽しかった夏



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。MacOSXのSafariでご覧の方でそれでも表示されない場合は、環境設定>セキュリティ>プラグイン設定でblog.yukarionweb.comをオンにして下さい。


【ご注意】名取ゆかりはYouTube等の動画投稿サイトにはアカウントは開設していませんのでご注意ください。

皆さま、お久しぶりです。暑さ寒さも彼岸までで、今年も夏が過ぎ去ろうとしています。前回のアップから半年が経ってしまいました。だんだん間隔が長くなってきて、投稿がなんだか冬編と夏編しかないようになってきてますが。。。令和最初のブログは、長く感じられた梅雨〜暑かった夏休みの記録です。まずはいつものようにフォトギャラリーをご覧ください。


気象庁のホームページで関東甲信地方に関して調べて見ると、今年の梅雨入り・梅雨明けはむしろ平年並みのようで、降水量が平年を大きく上回ったようです。私の経験では、梅雨にしっかりと雨が降ると、夏がしっかりと暑くなります。今年はまさにその通りでした。事実、東京都心で8月に猛暑日の日数が10日に達するのは、1995年と並んで過去最多だそうです。そして、これも私の経験に基づくと、梅雨に雨がしっかり降り、夏がしっかりと暑いと、その年の冬はしっかりとした寒波が期待できそうだということです。そろそろ気合いを入れて準備を始めないといけないかも。

素晴らしいジャズと、銘酒と、楽しい盆踊り、そして可愛いキャラクターを追い求めた令和最初の楽しい夏でした。ジャスの部分は音は写真にならないので、以下、若干説明を補足させてください。

村田浩さんは今年75歳の超ベテランです。恥ずかしながら私は今までお名前は存知あげませんでした。そのトランペットの音色は温かいです。ご本人も尊敬されていると仰られていましたが、まさにクリフォードブラウンを彷彿とさせ、1950年代の音です。村田浩さんのトークがユーモアに富んでいて楽しいです。リズムのサポートはベースの矢野伸行さん、ドラムの宮岡慶太さんで盤石です。ライブの前、駐車場で、ベースの矢野さんが私に軽く会釈して微笑んで下さったのが印象的でした。ピアノは今回のツアーからは新しい若手の岩崎壮平さんが加わられたとのことですが、お若いのに演奏はベテランです。でも、村田さんはまだ何か心配なのかあるいは感服されているのか、演奏中に時折、そばに近づいては、リズムをとったりじっと目をつぶって演奏に耳を傾けられているのが印象的でした。そして、テナーサックスの岡田嘉満さん。超かっこいいです。演奏中は真剣そのもので近寄り難いぐらいでしたが、サインをいただいた時は、そこには演奏中とはまったく違った丸く可愛い岡田さんがいました。後半から参加されたアルトサックスの太田裕士さん、演奏の姿の音が元気いっぱいで、一気に盛り上がりました。

中島仁さん、落ち着いていらっしゃいますが、きっと私よりお若いですね。見た通りの優しいお人柄。お帽子がよくお似合いです。音もお人柄を反映して、音数も多い方ではないですが、ツボはしっかりと抑えられているなと思いました。ピアノの望月慎一郎さん、かなりお若いとお見受けしましたが、「音が美しいですね。天才ですね。」と申し上げたら、そんなことはありませんと謙遜されていましたが、ほんと素晴らしいです。このピアノトリオ、中島さんが、そして私も大好きなエスビョルン・スヴェンソン・トリオを彷彿とさせます。中島さんと望月さんの組み合わせがいいのだと思います。エスビョルン・スヴェンソンは惜しくも既に亡くなられているので、中島仁トリオに期待したいです。

【パーソネル】
村田浩 & The Bopバンド:村田浩(tp) 岡田嘉満(ts) 岩崎壮平(pf) 矢野伸行(b) 宮岡慶太(ds):2019年7月14日・安曇野いさつ歯科医院
中島仁トリオ:中島仁(b) 望月慎一郎(pf) 勘座光(ds):2019年8月3日・斑尾ジャズフェスティバル 2019

2019年3月17日日曜日

ゆかりん英国降臨



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。MacOSXのSafariでご覧の方でそれでも表示されない場合は、環境設定>セキュリティ>プラグイン設定でblog.yukarionweb.comをオンにして下さい。


【ご注意】名取ゆかりはTwitter及びYouTube等の動画投稿サイトにはアカウントは開設していませんのでご注意ください。

春本番です。早いもので、2019年ももうすぐ1/4が過ぎようとしています。今回のブログは、まだまだ寒い冬の盛りの頃の記録です。まずはいつものようにフォトギャラリーをご覧ください。


平成最後(おそらく)のブログは約10年ぶりの海外です。厳冬期の海外というのは初めてです。雪こそ積もってませんので画像からはそうは感じられないかもしれませんが、とにかく寒かったです。でも、そこは、仲間と長年、山奥の氷瀑ビキニで鍛えあげた名取ゆかりの本領発揮。寒気と強風にもめげず生脚で街じゅうを闊歩。行く先々で、呆れられとも非難とも賞賛ともつかぬ痛いぐらいの視線もエネルギーに変えて、地球の裏側の異国の地で『世直し』してきました。

そうは言っても海外なのでセルフ撮影。写真には現れてはいませんが、強風で三脚ごとカメラが倒れてレンズが破損したり、靴擦れでほとんど歩けなくなるなど、撮影は大変でした。

ただ漫然と撮った写真では面白くないでしょうから、テーマを決めました。最近、日本でも話題になったバンクシーと組み合わせてみました。当日は、バンクシーの作品を撮影しながら、皆さまと共有できる日を楽しみにしていました。少しでもそういうワクワク感をお伝えできたら苦労の甲斐があります。でもそうは言っても、たった一日ですし、作品は街じゅうに点在しているので、見て来れた作品の数はたかが知れています。そこのところはどうかご容赦を。

皆さまのおかげで、名取ゆかりのブログも平成から新しい時代を迎えることができそうです。

2019年1月3日木曜日

氷瀑ブルー



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。MacOSXのSafariでご覧の方でそれでも表示されない場合は、環境設定>セキュリティ>プラグイン設定でblog.yukarionweb.comをオンにして下さい。


【ご注意】名取ゆかりはTwitter及びYouTube等の動画投稿サイトにはアカウントは開設していませんのでご注意ください。

あけましておめでとうございます。本年も名取ゆかりのブログをよろしくお願いいたします。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。仕事が始まると、ほんの1〜2週間前のことにも関わらず、暮れのことなど語ることはもちろん、思い出すとことさえも憚られるような気がするのは、私だけでしょうか。今回は、そんな、これがないと年を越せないような暮れの風物詩となった氷瀑ビキニで、お友達に大変クォリティーの高い撮影をしていただきました。

しかし、今シーズンは、初め、なかなか雪が降らなく、大変、気をもんでおりました。当日、現地に着いても全く雪が無かったのですが、幸いに夕方からチラチラ降りはじめ、フォトギャラリーをご覧いただければお判りいただけるように、翌朝には辺り一面冬景色に様変わりし、大変いい感じになりました。

本年も皆様方に幸多き一年でありますよう。