2015年3月1日日曜日

一分咲き



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。


前回のブログから2ヶ月がたってしまい、あっという間に春になってしまいました。春は足音が聞こえたら早いので、今回は、変則的ですが「今が旬」の話題を先行することにしました。「おいおい、冬はどうなってるんだ」と言われるかもしれませんが、この冬の報告は次回、改めてしたいと思います。

今回は久々に基本に立ち戻って、オーソドックスな洋服スタイルです。最近は、ようやくコートがいらないような暖かい日もときどきでてきましたが、春とはいってもまだまだ冬みたいに寒い毎日です。でも寒いとお洒落してお出かけできるから楽しいです。お洒落で楽しいのはコーディネートです。しかし、いつもお出かけの前日の夜、ひどいときは当日、お化粧した後まで決まらなくて、出がけまでのたうちまわって苦しむのもまたコーディネートです。今回は幸いなことに、早いうちからコーディネートが決まり、さてどこへ行くかなというくらいの余裕がありました。

たまにこうやってきちんとお洒落してお出かけすると、気持ちもきちんとするので、そのせいか、所作まで自然とお淑やかになります。そして、自分の日常の、がさつなことを反省したりします。ここが重要なのです。お化粧やお洒落には精神修養の効用もあるのかもしれません。お化粧やお洒落はやっぱり人前に出てこそ意味があるでしょうから、ためらっている方は勇気をだしてどんどんお出かけしてみましょう。

そういうわけで今回は、水戸は那珂湊と偕楽園に伺いました。特に、東北以北の方々には、もうそこまで来ている春の訪れを一足先に感じていただけると幸いです。

4 件のコメント:

信夫(しのぶ) さんのコメント...

ゆかり様 こんばんは 信夫でございます
ブログの更新 心待ちしていました
ゆかり様は「行動派」だと思いますが 今回は
海や梅の花(私にはそうみえました)が
「動」で
ゆかり様は「静」としてそれらを バックアップしている様に みえました
でも
ゆかり様の cuteな笑顔 私が 心待ちしていたのは
ゆかり様の 可愛いらしい笑顔です
ゆかり様 やはり貴女が 主役です

それと 三毛chan
ひょっとして 魚泥棒?
三毛chan 不貞腐れているけど
ゆかり様 ひょっとして怒ったの?
とりとめの無い文章ですが 堪えて下さい

名取ゆかり さんのコメント...

信夫さん

こんばんは。ご指摘のように今回の投稿はスタイルはいつもと違います。これには2つの理由があります。

ひとつめは、今回は自分の画像が少なかったので。ふたつめは、2chで、「名取ゆかりの画像投下だけはマジかんべんしてくれよ」とか、「自分大好きなメンヘラちゃんだろうか?」という意見もあったので。

今まで、ゆかりのフォトギャラリーは、一種の動画、紙芝居という位置付けで作ってきました。

でも2chは一理あるなと思いました。2chは一種の物の見方の遊びですから、真に受けることはないのですが、確かに静止画として見た場合、ゆかり画像ばっかりだと見てて飽きるだろうし、自分大好きと言われても仕方ないでしょう。ならば、ゆかり画像とその他画像の枚数比率を変えてみるのもひとつの手だと思ったのです。

ところが、そこにおっと、信夫さんからのありがたい「ちょっと待った」がかかりました。どんなに勇気づけられたことか。。。信夫さんのお言葉、額に入れてわたしの心の床の間に飾ります。ありがとう。




三毛はたしかに不貞腐れてるように見えますね。いつもこうなんです。でも猫は、犬と違って人に媚びないこういうところが好きなんです。

むむ さんのコメント...

ここ最近、冬に逆戻りしたような寒さですが、ゆかりさんはいかがお過ごしですか?(^^)

魚市場、色んなお魚さんに会えるので楽しい場所ですね。アンコウが中国産っていうのは少しがっかりですが、どれも美味しそうです。エイヒレは煮付けが美味です。シンガポールではカレー煮したのが食べ応えあって、よく食べてました。

ゆかりさんとほぼ全く同じ毛皮(フェイク?)のコート、私も冬のお出かけ用に愛用してます。赤いマニュキアと合わせて確かにバブルっぽいかも?(^^;)

春の訪れのこの時期、どうも不安な気持ちが大きく、今ひとつ好きではないのですね。とは言え、梅や桜の開花はやはり胸が躍ります(^o^)

名取ゆかり さんのコメント...

むむさん

コメント、お待ちいたしておりました。むむさんからのコメントがないと、むむさんに見放されたかのではないかと不安な気持ちになってしまいます。

今回のコートですが、あれは本物のミンクなんです。本当は可哀想なんですけど、くるまれているととっても暖かいんです。ミンクさん、ごめんなさい。

エイヒレは煮付けなんですね。カレイとか仲間でしょうから、そうですね。それにしても、ここは観光市場とはいえ、いつも本当に新鮮ないろんなお魚があって、初めて見るお魚も多く、それだけでもワクワクします。

私にとっては、この時期、特に桜は楽しかった冬の終わりを決定的に告げるもので、素直に喜べず、なんとなく恨めしいような気持ちにもなってしまいます。むむさんの仰る「不安な気持ち」、春先はたしかにそういう気持ちになりやすいかもしれませんね。いずれにしても、季節の変わり目というのはからだにも大きな変化を強要するのですが、新年度ということで張り切るよりはむしろのんびりとして十分に休養をとった方が、身体的にも精神的にもいいのかもしれませんね。