2013年7月15日月曜日

下町夏風情



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。


毎日暑い日が続きますね。まだ7月だというのにもう夏バテしてしまいそうです。

今回はそんな暑さにも負けず、真夏の下町ヒートアイランドを満喫してきました。今になって思うと自分でもよく出かけたなと思えるほどめちゃめちゃ暑かったですが、夏だなぁ〜というよい思い出になりました。熱中症にならないよう(というのは甘いものには目のないゆかりの自分自身への言い訳かもしれませんが、、、)時々、休憩を入れながら、この日は合計で5回も冷たいものをとるためにお店に立寄ました。

和装でお出かけするのは楽しいですね。浴衣は下着か寝間着のような感覚で町の中を歩けるところの開放感が楽しいです。ミニスカートやミニのワンピとまたちがった楽しさがあります。また、いつか書いたかもしれませんが、和装でお祭りやこういった行事に行くと、そのこと自体がその行事を彩ることにもなって、お客さんでありながら、盛り上げ役にもなってよいことではないかと思うのです。今回行った朝顔市は浴衣の女性は結構いらっしゃいました。

今回で江戸の下町の催しの内、ほおずき市、羽子板市、朝顔市と三つ行ってきたことになります。まだ他にもいくつかありますが、一度に全部行くのではなく、楽しみに年にひとつずつぐらいのペースで行ってみたいなと思っています。

お仕事から帰ってこられて涼をとっていらっしゃるところに、また昼間の暑い画像では、「またか」、と申し訳なくもありますが、しばしおつきあいいただけるとうれしいです。