2013年9月19日木曜日

縁起担ぎのビキニ



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。


季節はどんどん巡っていきます。9月も半ばを過ぎ、昼間はまだ夏のようでも朝晩はめっきり涼しくなり、お風呂で湯船が恋しくなる今日このごろです。今回は過ぎ去ろうとしている真夏の海の記録です。私としては海はやっぱりたとえ年に一回でも行かないと夏が終わらないというか、年が越せません。この夏はかろうじて一回行くことができました。

わたしのところは東京の近くの海ですので、地方にお住まいの方は、お近くの海はそれはそれは美しいことでしょう。なので、今回の画像を見ても、当たり前で、さほど感動がないかもしれません。でも、ま、少々おつきあいくださいませ。

スライドの中にも書きましたが、今回の画像の基調となっている「赤」「黒」「青」「白」の四色の組み合わせは調べてみると偶然ですが縁起のよい組み合わせのようです。たしかに、この組み合わせは画像的にもメリハリがあるように思います。ちなみにフランスの国旗はこの内の黒を除いた白、赤、青のトリコロールですね。

この4色は、天気がよければ、雪の中でもできそうですね。そういえば、「クリスマスを告げに」「樹氷のクリスマスツリー」の基調となるカラーがそういうイメージに近いかもしれないですね。時々、書いていますが、大自然をファッションの中に取り込んで、大自然と一体となった画像を創りだすのはとても楽しいです。うまく調和したときはパワーをもらえたような気がします。

さて、今回のBGMはボサノバ調の曲です。アコースティックなサウンドが陽射しが傾いた真夏の午後のアンニュイな感じをとてもよく醸し出しているので使わさせていただきました。また、渚の感じを出すために波の音を重ねてみました。

今の季節は、人生で例えるならば、ゆかりと同じぐらいかな? いやいや、ゆかりの場合は冬に尻上がりになるので、一生もそうなってくれればいいと思ったりします。

2 件のコメント:

むむ さんのコメント...

既に陽が沈むと、ぐっと涼しくなり秋到来の感です。

今夏は一度だけ海に行かれたそうで、以前と較べてお忙しいようですね。黒と赤のビキニがちょっと変わっていて、それがゆかりさんの可愛らしさを増々引き立てています(^o^)v

それにしても高い波で大海原!海の青さも全然違いますね。太平洋岸のどのあたりでしょうか?誰も居ないのも大変な贅沢ですね。
最近、水平線から昇る朝陽、沈む夕陽が見たくて堪りません。

それにしても夏は終わった・・・。また、一年待ち遠しい日々を送ります。

名取ゆかり さんのコメント...

むむさん

今回は去っていく夏に間に合うように、大急ぎでアップしました。ビキニは随分といろんなのを揃えたので、最近はもうほとんど買わなくなりました。そんなとき、大人っぽいのを見つけられたので、早くあの碧い波といっしょに撮りたかったのです。海ですが、あの日にやられた関東近辺の太平洋側の大海原が見えるところといえば、どの辺りかだいたい想像つきますね。

夏が去っていく9月のちょうど今頃の季節は、まだ陽射しは強くて緑は青々していても、なんとなく物悲しいですね。わたしにとってはまた、冬が去っていく3月、暖かい初春の陽射しの下で雪は残っていても、なんとなく真冬と違うような感じがして同じように物悲しくなります。ブログを始めて、思い出を記録にとどめるようになってからはなおのこと、その感じが強くなりました。どちらの季節も、片方が終わればすぐまたもう片方の楽しい季節が始まるのにね。でも、むむさんは夏がお好きなようだから、一年待たないとね。待ち遠しいですね。

今頃の水平線から昇る朝陽、沈む夕陽、空気が澄んで美しいでしょうね。