2014年1月8日水曜日

あきらめない



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。


あけましておめでとうございます。

名取ゆかりのブログ、年々気まぐれ度が増してアップがまばらになっておりますが、本年もどうかかわらぬご愛顧のほどをよろしくお願いいたします。

さて、今回の撮影ですが、大自然の美しさや楽しさはフォトギャラリーをご覧いただくこととして、ここでは画像になっていない部分をお話しますね。今回は正直、厳しかったです。

前半の雪中行軍は、あらためて画像を見直すと苦しさが蘇ってきます。雪中行軍で一番苦しかったのはどこだったかといいますと、実は写真が一枚もない、帰り道なんです。寒さはそれほど辛くはなかったのですが、足腰の疲労と、空腹には参りました。休憩の間隔が次第に短くなっていき、しまいには50mと歩けなくなりました。当然のことながら、写真なんか撮る余力などありませんでした。そんなとき、何を心のささえとしたかというと、ズバリ「食べる」ことです。なぜかというと食糧をひとつも持って行かなかったのです。それは無謀だったといえばそのとおりなのですが、かえってそのことで、食事の有り難さが身にしみてわかりました。全6時間半の行程の帰り道の間、ずーっと考えていたのは、温かい「豚汁」と、デザートに甘ーい「ころ柿」を食べることでした。ころ柿は中がジャムのようにトロトロで、うっとりしてしまうほど美味しいのです。お気に入りのワインのロゼも持ってきたので、それといっしょに食べると一段と美味しいだろうな、とそんなことばかりずーっと考えていました。ほとんど白昼夢状態ですね。

後半の滝行は、フォトギャラリーでも書いたように、3シーズン越しのリベンジでした。今シーズン、初めて氷雪のシーズンで滝壺で戯れることができました。滝壺に辿り着くまで雪は深いし、一応それは経験済みでわかってはいましたが、やっぱりそこを乗り越えて冷たい水に入るのはめちゃくちゃ厳しかったし、そこから戻るのがまた辛かったです。

前半の雪中行軍では頂上を目前に引き返した判断は正しいと思います。ただ、登頂できなかった悔しさはあります。でも悔しさは夢へ一歩近づいた証であり、次への原動力にもなります。なので今は満ち足りた気分です。でも、あきらめてはいません。なぜあきらめないのかというと、夢があるからです。「あきらめない」=「夢がある」ということだと思います。

6 件のコメント:

SOTONO さんのコメント...

冬といえばいつもビキニなので、今回のように上着を羽織ったゆかりさんを拝見するとなんか安心しちゃいますね。
滝壺から上がった直後の写真は身体が真っ赤で、よほど冷たかったことが想像できます。
私は晴天で無風なら1時間ぐらいは耐えられると思いますがゆかりさんのような長時間はとても無理。
今後ともに無理せずに楽しんでください。
・・・ところで今回の写真はセルフですか。セルフだとしたら・・・う〜ん見習わなくては(^o^)

名取ゆかり さんのコメント...

SOTONOさん

羽織っているファーは、かっこいいのでとっても気に入っていて、しかも肌触りがフワフワで、裸のときでもこれ1枚で十分暖かいのです。こういう場面で威力を発揮するゆかりの最強の武器です。

水からあがってからだが真っ赤なのはそのとおりで、水はものすごく冷たかったです。1往復半泳いだあと、水から上がって帰ろうとしたときは、思わずあたまがフラフラっときました。やっぱりものすごく消耗するみたいです。

今回はちょっとはしゃぎすぎちゃいましたが、おっしゃるとおりで、わたしも「無理をしない」で楽しむことが一番だと思います。

このシーズンの撮影は至難の業ですね。

匿名 さんのコメント...

Tバック姿素敵です。眩し過ぎます。可愛い過ぎです。うっとりしちゃいます。

むむ さんのコメント...

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もゆかりさんの旅を多いに期待します(^^)

雪晴れで眩しい雪原に白いビキニのゆかりさんが、健康的で心も和みます。上気した肌も色気たっぷりで食べてしまいたいぐらい・・・(^o^)v
滝が色のない不思議な世界で、そこに居るゆかりさんも何か山の精みたい(^^)

とは言え、今回は厳しい行軍のようでしたね。膝下までのラッセルとは言え、かなり体力を消耗すると思います。それが帰路を厳しくしたのでしょうか?
多分、カメラマンの同行者もいらっしゃるようですので大丈夫とは思いますが・・・。でも滝の写真は三脚にカメラを固定してインターバルタイマーで撮影されたようにも見えますし・・・(^^;)

何はともあれ、ご無事で何よりですね。それが次の旅にも繋がります(^^)

名取ゆかり さんのコメント...

匿名さん

真っ白な雪、真っ青な空、澄み渡った空気、静寂、うまく言えないんですが、冬、それも厳冬の季節は、春、夏、秋とちがって「ミニマルな世界」なんです。「ミニマルな美しさ」を身にまとうには、自分もやっぱりミニマルな姿になるのが一番似合いそうな気がするんです。一見、相容れなさそうな氷雪と生身の肌ですが、すごく合うと思うんです。

名取ゆかり さんのコメント...

むむさん

あけましておめでとうございます。いつもありがたいむむさんのご感想、今年も楽しみにしております。

お正月にテレビでやっていましたが、スノートレッキングはやはり先頭のひとが最も消耗するそうです。やっぱりな、と思いながら見てました。これが吹雪いたりすると、往きにつけたトレースが消えてしまっていたりして、帰りもラッセルになるわけで、そのへんが冬山の怖さなんだろうなと思います。

それにしても、年が明けてひとつき近くたっても、元気が漲っている感じがして、今回は厳しかったものの、大自然からものすごくパワーをもらえたみたいです。でも、やっぱりものすごくからだに負荷がかかるみたいなので、今は無理をせず、十分休養をとって「次」のために英気を蓄えているところです。

「山の精」、うれしいですね。大自然に楽しまさせてもらっているんだという謙虚さをいつも忘れないように心掛けています。