2012年12月17日月曜日

儚き雪ん子(御礼 延べ10万名アクセス)



パソコンでご覧の方はFlashplayerをインストールしてください。


今年は各地でこの時期としては珍しい積雪になったようで、十数年に一度という強い寒波で冬が始まったみたいですね。いよいよ雪女のシーズン到来です。

シーズン最初はシャーベットまつりです。ところが、今年のシャーベットには、惜しいことにちょっと出遅れてしまいました。実は出遅れないようにこの一週間前にも来たのです。でもその後のほんの数日で、最盛期が過ぎてしまったようです。理想的なシャーベットのための気象条件がそろうのは一年の内のほんの一日か二日なのです。

出遅れたとは言っても、画像を見ていただければわかるように、夢のように素晴らしい情景です。この日は猛吹雪だったんですが、滝壷のところは嘘のように穏やか。小雪がちらちら舞い落ちて、幻想的な世界になっていました。

わたしの場合、ただただ寒いのや冷たいのが好き、冷たければどこでもいいというわけではないんです。ここの場合、名峰からの純粋な清流、そしてそれが凍り付いたブルーの美しさ、そしてそれに加えて氷瀑のちょっと怖いくらいの荒々しさが心を虜にするのです。

でも雪女も歳もとるし、年々忙しくなる一方だし、いつまでできるやら。。。シャーベットと同じで、一生のうちのほんの束の間です。いつか、この思い出の地を訪れるとき、氷雪の上に、跳ね回る雪ん子ゆかりの姿の幻を見るときがくるのでしょう。

---------------------------------------------
2012年12月20日に、延べ10万名目の方のアクセスをいただき、御礼申し上げます。このひとつの節目を、今後ブログを続けていく上での励みにしたいと思っております。今後とも名取ゆかりのブログの相変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------

Vision of snow fairy

In Japan, this winter season has started with much snowing which is once a decade. My season has come.

At the beginning of the season, let me introduce you the "Yukari's sorbet". It is not easy thing to meet the best "sorbet". I visited here a week before of these pictures, however, the best day has gone just after a couple of days. It is only a few days within a year that the weather conditions are satisfied for the most beautiful sorbet.

Although it was breezing this day, as you can see in the pictures, with a light snow falling, a calm and fantastic scene was created around the basin of the water fall.

For me, it is not in my case that only cold or anywhere is OK if it is cold. This place attracts me with pure stream of water from a famous mountain, ice blue and the slight fear from the crudeness of the ice cascade.

It is only in a moment like the sorbet that I can enjoy the "snow fairy" in my life. The day will come someday at which I will visit here again and see a vision of snow fairy Yukari is playing on the snow and ice.